ichily.blog

{ "${it} is always there :)" }

2017/02/28 の週記もど記

うぐあ案件

NASAが発表した「TRAPPIST-1の系外惑星群」のインパクト - クマムシ博士のむしブロ この辺の話でうぐあーとなっていた。
太陽系から40光年というところがまたうぐあ案件である。なんか届きそうな気がするが、それは今じゃないし、生きてる間でもないのではないか。

ちょうどこんなものを読んでいる。

五〇億年の孤独:宇宙に生命を探す天文学者たち

五〇億年の孤独:宇宙に生命を探す天文学者たち

全く関係ないが、「~年の孤独」と言うと「百年の孤独」という称号を付けていた某MMOの有名プレイヤーを思い出す。

Twitter

題名のない展示会

最近は題名のない展示会というのに少し参加させていただいていた。

タイトルを伏せた作品(絵・写真・曲など)に対して、見た人が引用RTでタイトルを呟くというもので、なかなか面白い。

同じものを見て違うことを考える・・というのも面白いが、「パッと見てこうだと思ったけどこの部分とか違う感じでそのタイトルはどうか」というところで、立ち止まる人と立ち止まらない人がいるのも面白い。そもそも参加の形態として、絶対に一つのタイトルしかつけない人、多数のタイトルをつける人、2~3の異なる視点からつける人、などが有るのも面白い。

日本人は四季フェチという話

ここから始まる。

海外の話は置いとくとして、日本語での四季についてはなるほどなと思った。
「創作物の中でやたらと雪が降るけど、人口密集地のみなさんのとこそんなに降らなくね?」も、実体験としては雪が積もった記憶は大してなくとも、冬と言えば雪が割と大事なのかもしれない。
氷は虐げられている気がする。夏のイメージが強いのだろうか。

色々

FabricでTwitterに投稿するアレ

概要

statusesService.update("tweet", ..., Callback<Tweet> callback) ではなく
statusesService.update("tweet", ...).enqueue(Callback<Tweet> callback)

経緯と詳細

公式ドキュメント通りだけど、打ち込むのめんどい、、とぐぐった時出てくるお手軽Fabric入門してみた的なものはどれも現状と引数が違うぽい*1ので。

statusesService.update("tweet", ..., Callback<Tweet> callback) ではなく
statusesService.update("tweet", ...).enqueue(Callback<Tweet> callback)

実際動かしたものも一応(ただしKotlin)。

val statusesService = Twitter.getApiClient().statusesService
statusesService.update(tweetText, null, false, null, null, null, false, false, null).enqueue(object : Callback<Tweet>() {
    override fun success(result: Result<Tweet>) {
        Log.d("debug", "success")
    }

    override fun failure(exception: TwitterException) {
        Log.d("debug", "failure")
    }
})

その後

この件については問題なし。

Oauthはじめ、お手軽にアクセスできるのは良いんだけど、Twitterクライアントを作るためのものではなく、ちょっとTLとか組み込むのが便利というものなので、色々やろうとすると自分で実装する部分が増えていく感。

恐怖のアフィリエイト

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング

*1:しかしかなり最近の記事でもこうだし、こちらがなんか間違ってるのだろうか

2017/02/13 の週記もど記

2017/01/24 の週記

2017/01/16 の週記

色々

2016/12/16 の週記

Lombokがなんかエラー吐いた

Generating equals/hashCode implementation but without a call to superclass, even though this class does not extend java.lang.Object. If this is intentional, add '@EqualsAndHashCode(callSuper=false)' to your type.

Lombokのデフォルトでは@EqualsAndHashCode(callSuper=false)のため、親クラスに@Dataが指定されている状態で、子クラスにも@Dataを指定した場合に、equals/hashCodeが親クラスを参照せず作成されることへの警告。 Lombokのアノテーション@EqualsAndHashCode(callSuper=true)を子クラスに指定して対処。

色々

  • UTAUの進化と巨大化|しま|note
    一万超えてそうとか、えらい数だなあ。「人間ぽさ」がそのうち再逆転するというのは、説得力ある。

    本論とは関係ないんだが、「人間による歌唱としか聞こえない」は言い過ぎかな。人と思って聞くと違和感がある。 人間による歌唱としか聞こえない部分が本当にそうだから、破綻した瞬間が目立つせいもあると思う。

    ただし、「人間による歌唱だが、かなり加工して上手いように聞かせようとしている曲だ」と言われたら区別はつかない。

  • JavaScriptはなぜトレンドが毎年変わると思われていたのか - Qiita 良いまとめ。タスク管理の変更が影響でかすぎるのと、AltJS(というかCoffee Script)が妙に持ち上げられて急速に廃れたのがつらいと思う。

  • せめてはっきり言おうではないか. Googleは無能であると - yuko-hirom’s blog これは正しい。Googleは批判されるべき。批判する能力と、対策を思いつく能力は別なので、より良いものが作れなくても批判してよい。バグ発見が得意な人と直すのが得意な人は同じとは限らない。

  • Win95はなぜ爆発的に普及したのか? (3ページ目) - Togetterまとめ Win95が爆発的に普及したというより、パソコン普及期の最新OSがWin95だったと言うべきかなと。 OS自体ははるか昔から一太郎onMS-DOSのFDが売られており、HDDの普及・PC自体の低価格化・アプリの機能向上と営業によるオフィスへの浸透などで普及しつつあった。

    Win95発売時の行列や簡単さを強調した報道が行われたのも大きいとは思う。

    インターネット環境は年表上は同時進行なんだけど、一般にインターネットスゲェみたいな情報が広まりだしたのは95発売よりも大分後。 PCが一般家庭に一気に普及したのもインターネットスゲェ期なので、PCがインターネットによって爆発的に普及した。

    Win95は、当時の最新OS+タダでついてくるブラウザ+「PCくわしーひと」でも設定できる簡便さという点で功績はある。

2016/12/11 の日記

色々