読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ichily.blog

{ "${it} is always there :)" }

FabricでTwitterに投稿するアレ

概要

statusesService.update("tweet", ..., Callback<Tweet> callback) ではなく
statusesService.update("tweet", ...).enqueue(Callback<Tweet> callback)

経緯と詳細

公式ドキュメント通りだけど、打ち込むのめんどい、、とぐぐった時出てくるお手軽Fabric入門してみた的なものはどれも現状と引数が違うぽい*1ので。

statusesService.update("tweet", ..., Callback<Tweet> callback) ではなく
statusesService.update("tweet", ...).enqueue(Callback<Tweet> callback)

実際動かしたものも一応(ただしKotlin)。

val statusesService = Twitter.getApiClient().statusesService
statusesService.update(tweetText, null, false, null, null, null, false, false, null).enqueue(object : Callback<Tweet>() {
    override fun success(result: Result<Tweet>) {
        Log.d("debug", "success")
    }

    override fun failure(exception: TwitterException) {
        Log.d("debug", "failure")
    }
})

その後

この件については問題なし。

Oauthはじめ、お手軽にアクセスできるのは良いんだけど、Twitterクライアントを作るためのものではなく、ちょっとTLとか組み込むのが便利というものなので、色々やろうとすると自分で実装する部分が増えていく感。

恐怖のアフィリエイト

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング

Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング

*1:しかしかなり最近の記事でもこうだし、こちらがなんか間違ってるのだろうか